終活ガイド

お坊さんに包むお金

葬儀を出すと、お坊さんにお金を包んでお経を読んでもらいます。

宗教は様々で、お坊さんではなく、神父さまがいらっしゃる葬儀もあるでしょう。

ただ、葬儀を出せば、必ずといって良いほど、お坊さんや神父さんなどにお金を包んで渡すことになります。

お坊さんに包むお金の相場ですが、1回3万円から5万円程度になります。

私の場合、初七日をせず、49日にお坊さんを呼んで、初七日と49日法要のお経をいっぺんに読んでもらいました。

初七日をしなかったことに、親不孝といった考えを持たれる方もいるでしょう。

しかし、初七日というのは、まだまだ忙しい時期で、親戚を葬儀のときに呼び、さらに初七日のときにも呼んでいたら、親戚も大変です。

大切な人を失ったのは大変悲しいことですが、それでも、なるべくなら遠方から足を運びたくないものです。

ですから、私が初七日と49日法要をいっぺんにやるといったとき、誰も反対しませんでした。

このとき、49日にお坊さんにお渡ししたお金は、10万円。

いっぺんにやったのですから、まあ、高くもなく、安くもない、妥当な金額でしょう。

ただ、あくまでも包む金額というのは、宗教によって異なります。

とある宗教では、49日という考え方自体がなかったりします。