終活ガイド

年忌とは

年忌とは回忌とも呼ばれ、遺族は死者を供養します。

そして年忌は、

  • 一周忌
  • 三回忌
  • 七回忌
  • 十三回忌
  • 十七回忌
  • 二十三回忌
  • 二十五回忌
  • 二十七回忌
  • 三十三回忌
  • 三十七回忌
  • 五十回忌

とずっと続き、百回忌まであります。

ただ、百回忌まで供養する遺族は、滅多に見かけません。

一般的には、三十三回忌で終えるでしょう。

そして現在、十三回忌までで終える遺族もいます。

回忌で供養するとなると、親戚一同を呼ぶことになり、そのたびに費用がかかるからです。

そして、親戚一同のことを考えると、毎年どこかで回忌が行われることとなり、直接の家族でなくても、回忌のたびに帰省費用などを捻出することになります。

ですから、現在は十三回忌までとする遺族も多いのです。

また、三回忌と七回忌を一緒に行ってしまったり、回忌の供養回数は遺族の考え方によって異なります。

ですから、終活をしている方は、どこまで自分は供養をして欲しいのか、それも遺書に明記しておくと良いでしょう。

一周忌で終えて良いとすれば、遺族は一周忌だけで済ますことができます。

ずっと自分の供養をして欲しいと考えるのであれば、その分、費用も遺族のために準備しておくのが望ましいでしょう。

回忌で必要となる費用は、お坊さんへ謝礼、親戚へ出す弁当代などです。

お坊さんへ謝礼は平均的に五万円程度ですが、三回忌と七回忌をいっぺんに行うといった場合は、十万円程度になるでしょう。