終活ガイド

気になる遺言

終活において、最も気になるのは遺言でしょう。

どのような内容で残すのか、それは人それぞれだと思います。

相続の内容でいっぱいになってしまう遺言もあるでしょう。

あるいは、自分の思いのたけをいっぱいに綴った遺言もあるでしょう。

遺言は、自分が天国へ旅立った後、遺族に残せる言葉になります。

ですから、自分の死後を想像し、遺言をしたためてください。

そして遺言は、信頼できる誰かに預けましょう。

できることなら、家族でもなく、親戚でもない、血縁関係者以外の方に預けておくと良いと思います。

特に、相続のことでいっぱいの遺言は、家族が揉めないように、誰かに預けるのが無難です。

弁護士に頼んで遺言をしたためるのも、良い方法でしょう。

遺言には、直筆で書かれていること、日付が入っていることなど、有効にするためには様々な制約があります。

それらのことを、弁護士はしっかりと把握しています。

多少の弁護士費用がかかっても、遺族が仲良く暮らせることを思えば、弁護士に依頼するのも良いのではないでしょうか。

そして遺言は、遺産がなくてもしたためておくと良いと思います。

遺言に書かれている言葉というのは、遺族の心の中に残る言葉です。

自分の死後、遺族に笑って暮らしてもらうために、遺言は必要なものだと考えましょう。