終活ガイド

死に際に遺族と仲良くするには

死に際に遺族と仲良くするためには、「飛ぶ鳥跡を濁さず」を実践することが重要です。

家族とのスキンシップが足りなかったと感じている方は、徐々に家族との会話を増やしておくと良いでしょう。

どうしても会話がうまくできないと感じている方は、その気持ちを遺言に書いておくと良いと思います。

借金まみれだった方は、借金をきちんと返済し、身辺整理をしてください。

もし、借金が返済できないのであれば、借金額を包み隠さず家族に教えてあげましょう。

借金があることを知った家族は、単純相続するのかどうか、判断すると思います。

相続には、

  • 単純承認
  • 限定承認
  • 相続放棄

3つがあります。

単純承認は、借金も資産も、全てひっくるめて相続するという相続方法です。

限定承認は、借金と資産を計算し、資産の範囲内で借金を返済し、その残りを受け取るという相続方法です。

この場合、あくまで資産の範囲内で借金を返済しますから、相続後、借金返済で困ることがありません。

相続放棄は、資産も、借金も、全ての相続を放棄することです。

この3つの相続方法のどれを選択するのか、借金を明確にしておけば、家族はきちんと判断することができます。

「飛ぶ鳥跡を濁さず」ですから、借金のある方は、包み隠さず、金額が分かるようにしておきましょう。