終活ガイド

病院で死ぬのは当たり前

終活をしている方の中には、人生の最後を自宅で迎えたいと考える方がいるでしょう。

しかし、その希望は、ほとんど叶わないと考えてください。

自宅介護であっても、最後は病院で息を引き取るのがほとんどです。

自宅で介護している場合、家族は寝ずに看病するでしょう。

こまめに痰を吸引したり、排泄物を処理したり、身の回りの世話を行ってくれるはずです。

しかし、介護している方に異変が起これば、どうしても救急車を呼ぶことになります。

救急車が行く先は、当然ですが病院です。

ですから、今は病院で最後を迎えるのが当たり前となっています。

そこを無理して「家で最後を迎えたい」と家族にお願いするのは、いかがなものかと思います。

家族の精神的負担が、計り知れないものになってしまうでしょう。

終活は、遺族のためにも行う活動です。

家族に、親しい方々に、自分のことで負担をかけないようにすることも、重要なのです。

ですから、家族や親戚の負担を軽くしてあげるような終活をしてください。

家族や親戚の負担が軽くなれば、自然と笑顔も出てくるでしょう。

家族や親戚の笑顔が出てくるようになれば、自分が最後を迎えるときも、笑顔で見送ってくれるはずです。

素敵な最後は、自分にとっても、家族にとっても、素敵なひと時を過ごせるようにしてください。