終活ガイド

終活は遺族になる前に始めてもらう

以前なら、死んだ後の話をするのはタブーとされていました。

しかし、2012年には「終活」という言葉が流行し、流行語大賞にもノミネートされました。

ですから、遺族になる方のために、しっかりと終活してください。

そして、遺族になる日の近い方は、しっかりと終活してもらいましょう。

現在は大変な不景気です。

葬儀をするのにも、墓を買うにも、大変な労力とお金が必要になります。

また、遺産があるのであれば、相続で揉めることも考えられます。

ですから、しっかりと遺言を残してもらうなどして、終活をしてもらいましょう。

もう、死んだ後の話をタブーとはいっていられないのです。

笑顔で最後の日を迎えるためにも、そして、迎えさせるためにも、終活については家族と話し合いましょう。

終活のポイントは、遺族が困らないようにするということです。

ここで考えるのは、残す遺産がない方でしょう。

相続で揉めることはないだろうし、借金があるわけでもない。

だから、遺族は困らないだろうと考える方がいるかもしれません。

しかし、私の経験上、それは間違いです。

遺産があってもなくても、遺族はお金で困ります。

ですから、お金で困ったことにならないように、しっかりと終活してください。